七夕の意味を子供にも分かる教え方は?七夕には何を食べるの?

七夕

 

子供の頃は七夕になると

短冊に願い事を書いて笹に結び、

叶うといいなと思っていました。

当時はそのまま川に流してましたが、

今はどうしてるんでしょうね?

あと七夕には何を食べるんでしょう・・・

 

スポンサードリンク

 

 

今日は七夕の意味を子供にも分かりやすい教え方を紹介します。

 

なんでそんな事を書こうと思ったのかについてですが、

実は友人の子供とこんなやりとりがあったのです・・・

 

「おっちゃん七夕って何?」

 

「えっ?七夕・・・笹のお祭り?」

 

あまりに不甲斐ないのですが、まったく答えられませんでした(汗

 

 

だって七夕には何をするのかって聞かれたなら、

短冊に願い事を書いて笹につるすとかって答えますよ。

 

でも、七夕って何とか聞かれても管理人が聞きたいぐらいでしたよ(笑

 

 

もちろん友人の子供にはちゃんと調べて後で教えてあげました。

 

で、せっかく調べたので子供を持つ方にご紹介しようと思ったのです。

ついでなので七夕には何も食べるかも調べてみました。

 

まずは七夕の意味を子供にも分かりやすく説明からいってみます。

 

七夕の意味を分かりやすく

 

七夕の由来には様々な説があり、もともと日本にあった神事や、

中国から伝わった行事などが合わさっているとも言われています。

 

しかし、子供に説明するなら難しい話はパスするのがいいでしょう。

 

やはりおすすめは「織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)の伝説」です。

 

まずは下記のお話をお子さんにしてあげて下さい。

 

昔々、神様の中で一番偉い天帝に織姫という娘がおりました。

織姫は機織(はたおり)がとても上手で、毎日着物を作っていたのです。

 

真面目で働き者の織姫に良いお婿さんは居ないかと、

考えた天帝の目にとまったのが彦星という青年です。

 

彦星はたいそうな働き者で、牛を使って毎日田畑を耕しています。

 

天帝は、織姫と彦星を引き合わせるのですが、

2人はたちまちお互いを好きになり結婚することになります。

 

しかし、あまりに仲がよすぎて片時も離れないで一緒にいるので、

織姫は機織をしなくなり、彦星は田畑を耕さなくなったのです。

 

これに織姫のお父さんである天帝はとても怒りました。

 

働かなくなった織姫と彦星を引き離して、

2人の間に天の川を流して会えなくしたのです。

 

織姫は寂しさで毎日のように泣いて機織ができません。

彦星は毎日のように織姫を想い仕事が手につきません。

 

そんな2人をちょっとかわいそうに思った天帝が言いました。

「ちゃんと仕事をするなら会わしてやろう。約束できるか?」

2人は会えるのならと天帝と約束をしました。

 

そして七夕の夜にだけ会うことができるようになったのです。

 

このお話の後に空にある織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)を指差して、

 

「あれが織姫で、あれが彦星だよ。間に天の川が流れてるだろ」

 

と、教えて上げればバッチリじゃないでしょうか。

 

 

こと座のベガわし座のアルタイルを探すのは簡単です。

 

夏の大三角を見つければ、一番上がベガで右下がアルタイルです。

ちなみに左下は、はくちょう座のデネブとなります。

 

見つけ方のコツとしては東の空で一番明るい星を探して下さい。

それがベガです。あとは右下のほうに明るい星を探せばアルタイルです。

 

そしてお子さんにこう言ってみてはどうですか。

 

「ちゃんと真面目に仕事したから2人は会えるんだよ。

だから●●も、ちゃんと真面目に▲▲しないとダメだよ」

 

●●にはお子さんの名前を、▲▲にはして欲しいことを入れて下さいね。

 

 

さてそれでは七夕には何を食べるのか?

 

七夕に食べるのは?

 

そうめん

 

七夕には素麺(そうめん)を食べます。

 

もともとは索餅(さくべい)と呼ばれる中国から伝わった唐菓子を

食べていたのですが、それが素麺(そうめん)となったようです。

 

素麺(そうめん)は索麺(さくめん)との呼び名もあり、

索餅が原型となっている食べ物なのです。

 

食べ方としては夏なので普通に冷やしそうめんですね。

七夕なので子供が喜ぶような盛り付けをするのがいいでしょう。

 

例えばこんなのはどうですか。

A00965

レシピはこちら→天の川トマトそうめん

こんな派手なトッピングなら七夕の夕食も盛り上がりますよ。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す