洞窟に温泉!?和歌山県の勝浦温泉「大洞窟風呂」とは?
 
和歌山県の勝浦温泉には、

大洞窟風呂と呼ばれる、

洞窟の中の温泉があるんです。

なんだか探検っぽい雰囲気ですが、

いったいどんな温泉なのでしょう……


 
和歌山県の那智勝浦は、生マグロの水揚げ日本一として有名です。

 
また、世界遺産の熊野の古道や、落差日本一の那智の滝など、

そんな観光名所の多い地域に勝浦温泉があります。

 
この勝浦温泉の中で大洞窟温泉を有するのが「ホテル浦島」です。

今回は、この「ホテル浦島」について紹介します。

 
実はこの「ホテル浦島」へは船でないと行けないのです。



 
管理人は車で行ったのですが、ちかくの専用駐車場に車を止めると、

送迎バスがあるので、それに乗って港まで行きます。

 
そして送迎船でホテルに渡るのですが、これが意外と面白いです。

なんかアトラクションのようで、気分が高まってくるんですよね。

 
普段の生活と違う、別の空間に来たように盛り上がりがあるんです。

 
それでは大洞窟風呂とは?
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大洞窟温泉『忘帰洞』

 
このホテル浦島には全部で7種類ものお風呂があるんです!


  • 忘帰洞(男・女湯)
  • 玄武洞(男・女湯)
  • 逢峰の湯(男・女湯)
  • 磯の湯(男・女湯)
  • 天海の湯(男・女湯)
  • 滝の湯(男湯)
  • ハマユウの湯(女湯)

 
このなかの「滝の湯」と「ハマユウの湯」はそれぞれ男女専用なので、

小さな子供でないかぎりは通常全部で6種類しか入れないです。

 
ホテル浦島 画像元:ホテル浦島HP

 
そして大洞窟風呂「忘帰洞」天然洞窟風呂「玄武洞」が、

洞窟の中に作られた温泉となっているんです。

 
とくに「忘帰洞」は大迫力のスケールで圧倒されますよ!

「忘帰洞」より狭いですが「玄武洞」も雰囲気はバツグンです。

 
そしてホテル浦島では、なんと館内で湯めぐりのスタンプラリーが出来るんです。

 
ホテル浦島  
もちろんですが管理人もコンプリートです(笑

でも、帰りに記念の粗品を貰うの忘れてたんですよね……

 
3個以上スタンプを集めたら貰えるので挑戦してみて下さいね。

 
そしてホテル浦島は、温泉だけじゃなくてホテル自体も、


  • 本館
  • なぎさ館
  • 日昇館
  • 山上館

から構成されているかなり大きな施設なんです。

 
そして、それぞれで部屋のグレードや、食事などにも違いがあるので、

リーズナブルに楽しむことも、贅沢を楽しむことも出来るのです。

 
管理人は好き嫌いが多いので、食事はバイキングが好みなんです。

ですから、いつも本館の一番安いプランを利用しています。

 
味については好みもあるので、何とも言えませんが、

まあバイキングは好きな料理を、好きなだけ食べれるのがいいですよ。

 
ホテル浦島 画像元:ホテル浦島HP

 
食事場所はかなり広いのと、料理を提供してる箇所が複数あるので、

人数が多い割には、そんなに並んで待たなくてもいいですね。

 
それにマグロの解体ショーも行なわれていて楽しめます。

ただ、マグロの解体が始まると混雑するのでちょっと並びます。

 
スポンサーリンク

ファミリーにおすすめです

 
とにかく館内は広いです!昭和の雰囲気が漂ってますが、

館内を散策するだけでも、広いのでけっこう面白いと思いますよ。

 
売店も沢山あって、ちょっとしたショッピングモールのようです。

またプールもあるし、釣りも出来るので退屈しないですよ。

 
管理人は、とにかくここの温泉が大好きなんです。

洞窟の中で、ほんのりと硫黄の香りがする湯に浸かって海を眺める。

 
もうほんとうに最高の贅沢ですよ。
 
ぜひ、機会があればホテル浦島に遊びに行ってみて下さい。

 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 
スポンサーリンク