食べ放題とバイキング・ビュッフェの違いは?上手な食べ方とは?

バイキング

 

そんなに食べれないんだけど、

食べ放題って楽しいですよね。

でも、バイキング・ビュッフェとは、

何か違いがあるんでしょうか?

また食べ放題の上手な食べ方とは?

 

スポンサードリンク

 

 

最近はダイエットしてるので、食べ放題はご無沙汰なのですが、

管理人は食べ放題が大好きなので寂しい日々を送っています。

 

ちょっと気になったのですが食べ放題ってお店によっては、

バイキングビュッフェって呼んでますけど何が違うんでしょうか。

 

今日はそのあたりをちょっと調べてみましたよ。

あと管理人の経験をもとに、食べ放題の上手な食べ方を紹介します。

 

それでは、まずは違いからですね。

 

 食べ放題とバイキング・ビュッフェは何が違うのか?

 

基本的には同じです!

 

食べ放題とバイキングはまったく同じ用途で使われています。

ただビュッフェについては食べ放題でない場合もあるようです。

 

このビュッフェとはフランス語になるのですが、テーブルに並べられた

料理から好きなものをセルフで取ってきて食べるスタイルです。

 

海外では料理を取るのが1度きりみたいなスタイルが多いようで、

食べ放題のように、好きなだけ取り放題ってわけでもないようです。

 

なのでビュッフェだけは食べ放題でない場合もあるみたいですね。

 

 では、バイキングは何語なのか?

 

実は食べ放題のバイキングは和製英語なので日本独自のものです。

 

海外でバイキングレストランと言っても食べ放題だとは伝わらず、

海賊レストラン?って思われたりするのか知れません。

 

じゃあどうして食べ放題をバイキングと呼ぶのでしょうか?

 

これは1958年に当時の帝国ホテルで総支配人をされていた方が、

デンマークを訪れた際に「スモーガスボード」と呼ばれる

好きなものを取って食べるスタイルの食事を体験されました。

 

これをいたく気に入った総支配人は日本でも始めようと思いましたが、

スモーガスボードでは分かりにくいので名前を社内公募します。

 

そして「北欧といえばバイキング」という発想から、

現在のバイキングをいう名前が付けられることになったのです。

 

当時、たまたまホテルの近くにあった映画館でバイキングの映画が

公開されており、海賊の豪快な食事シーンも名前のヒントになったようです。

 

確かに食べ放題やバイキングは、同じような店で使われていますが、

ビュッフェはホテルで見かけますね。とくに朝食はビュッフェ形式が多いです。

 

最初にも書きましたが、管理人は食べ放題がとにかく大好きです。

 

焼肉の食べ放題はもちろんですが、串揚げや、多国籍スタイル、

寿司・焼肉何でもあり、シュラスコ、スイーツまで色々と食べてきました。

 

そんな管理人の経験から思う上手な食べ方は、

 

我慢する!

 

これがすごく大事だと思います。

 

何で取り放題の食べ放題で我慢する必要があるんだと思いますよね。

 

でも考えてみて下さいよ。目の前に沢山の美味しそうな料理が、

並んでいるんですよ。そこに大好きなメニューがあったらついつい・・・

 

これ絶対にダメです!

 

好きだからといって、そればっかり山盛り取ってきて腹一杯

なってしまうと、せっかくの食べ放題がもったいないですよ。

 

最初は我慢して沢山の種類を少しづつ取ってきて食べるようにします。

そして腹具合と相談しながら、美味しいものだけリピートです。

 

出来るだけ沢山の種類を美味しく食べるのが上手な食べ方です。

 

管理人は食べ放題のときに、いつもこう考えるようにしています。

それは、レストランでは一口食べても、全部食べても値段は同じだと。

 

なので沢山の種類を食べれば、それだけ多くのメニューを注文して

一口だけ食べたと計算したら、めっちゃ得した気分になるのです。

 

こう考えるようになってから食べ放題で損したとは思わなくなりました。

 

しかしセコイ管理人は毎回、気分が悪くなるほど食べてます(笑

もう満腹を通り越して、体が拒否反応みたいなのをしめすのですが、

管理人の場合は、なぜか咳(せき)がでるんですよね。

 

これが出たらお腹が限界だなと諦めて会計するようにしています。

 

みなさんは無理せずに、美味しく食べ放題を楽しんで下さいね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す