スーパー銭湯と普通の銭湯の違いは?温泉かどうかなの?

銭湯

 

数年前からスーパー銭湯が、

流行してあちこちに出来てますが、

普通の銭湯とは何が違うのでしょう?

どのあたりがスーパーなのか、

調べてみることにしました・・・

 

スポンサードリンク

 

 

管理人が子供の頃は、家に風呂が無かったので、

近所の銭湯に毎日のように通っていました。

 

昭和ではあたりまえの光景だったんですけどね。

 

家風呂があたりまえになってくると銭湯の客足も減ってしまい、

管理人の近所にあった銭湯も軒並み潰れてしまいました。

 

子供の頃の思い出もあり、たまに懐かしむのに利用してたんですが・・・

 

でも管理人が住んでる地域の近くにも天然温泉のスーパー銭湯が、

出来たので今ではすっかりスーパー銭湯のファンになってしまいました。

 

しかし、このスーパー銭湯は、普通の銭湯と比べて

 

 いったい何が違うのでしょうか?

 

気になったので、そのあたりについて調べてみました。

 

どこが違うのか?

 

まずスーパーという言葉の意味について調べてみます。

 

スーパー (super)

英語で「超」という意味の接頭辞(ラテン語系)。

「上位の、上級の、優れた」という意味を表すsuperior(スピリアー、スペリオル)からきている。語源はラテン語で「高い」(high)という意味を表すsuperus(スペルス)。

引用元:Wikipedia

 

そうするとスーパー銭湯は、普通の銭湯と比べて、

 

上位の銭湯、上級の銭湯、優れた銭湯

 

ということになりますね。

 

 

 では、何が上位で、上級で、優れているのか?

 

付帯設備が充実している。

 

ズバリこれですね。

施設により異なりますが以下のような設備が充実しています。

 

  • 温泉を使っている
  • 露天風呂がある
  • ジャグジーがある
  • シャンプー、ソープ類が備えてある
  • サウナがある
  • 岩盤浴がある
  • 食事が出来る
  • 駐車場がある

 

だいたいこんな感じでしょうか。普通の銭湯より豪華ですよね。

 

管理人は最初、天然温泉を使っている施設の事を、

スーパー銭湯って言うんだと思ってたのですが違うようです。

 

温泉の湯を使っていない白湯のスーパー銭湯も存在していますからね。

 

それにしても、どこでも掘れば温泉って湧くもんなんですね(笑

 

価格的には600~800円ぐらいなので銭湯より高いですが、

健康ランドなんかに比べるとリーズナブルだと思います。

 

普通の銭湯と、健康ランドなんかの中間ぐらいの存在って感じですね。

 

他に明確な違いとして一般公衆浴場、その他の公衆浴場の違いあります。

 

これは厚生労働省による分類で「一般公衆浴場」が普通の銭湯で、

スーパー銭湯は「その他の公衆浴場」という分類に該当します。

 

一般公衆浴場だと減税があるとか、水道料金が安いとかなど、

利用する側としては、それほど意識するような内容でもないです。

 

おすすめは?

 

一休
画像引用:http://news.walkerplus.com/article/44487/

 

管理人のおすすめは此花区にある「上方温泉 一休」です。

 

ここのお湯は、もう最高です!

日替わりで「木のゆ」「石の湯」が楽しめるのも魅力なんです。

 

とにかく湯煙がすごいので、温泉気分を満喫できるのです。

※内湯と露天を仕切る窓が開いてる時期は煙らないです・・・

 

ここには岩盤浴とかジャグジーとかは無いのですが、

それがまた温泉ぽくて気に入ってるんですよね。

 

ほんと一休は、おすすめのスーパー銭湯なので、ぜひ行ってみて下さい。

 

上方温泉 一休

住所:大阪市此花区酉島5-9-31

営業時間:午前10時~午前2時

定休日:第3火曜日

問い合わせ:06-6467-1519

HP:http://www.onsen19.com

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す