グリルオーダーって何?マクドナルドのバーガーを自分好みに

ハンバーガー

 

ハンバーガーに入ってる

ピクルスなどを抜いて欲しい。

そんふうに思っているなら、

グリルオーダーが便利です。

いったいどんなサービスなのか・・・

 

スポンサードリンク

 

 

マクドナルドのハンバーガーに入っている

ピクルスが苦手な人って意外と多いですよね。

 

管理人の友人にも2人ほどピクルスが苦手なのがいます。

 

そんな友人とマクドナルドに行くと管理人のハンバーガーは、

ピクルスが増量されるので、ちょっぴり嬉しいんですよね。

 

しかし嫌いな人にしたら最初から入れないでって話ですよね。

 

そんな時に便利なのが「グリルオーダー」なんです。

 

グリルオーダーとは?

 

マクドナルドでは通常メニューのオプションとして、

いらない具材をカットしてくれるサービスをしています。

 

それを業界ではグリルオーダーと呼んでいるのです。

 

 では、どのようなグリルオーダーが可能なのか?

 

バーガー類では以下のグリルオーダーが可能です。

 

  • ピクルスカット
  • レタスカット
  • オニオンカット
  • トマトカット
  • キャベツカット
  • チーズカット
  • ソースカット

 

このようにわがままな自分好みのオーダーが可能なんです。

 

ただ見てのとおり、

 

カットだけで、増量はない!

 

抜きの対応してくれますが、増やすのは対応してくれません。

あとソースや具材の変更なども対応はしてくれないです。

 

残念ですが、あくまでも対応してくれるのはカットだけです。

 

なかにはこんなグリルオーダーをする人も居るようです。

 

  • パン抜き
  • 肉抜き

 

もはや意味不明ですよね。ハンバーガーとして成立してないし。

 

炭水化物ダイエットとかしてたらパン抜きとかするかもですが、

わざわざハンバーガーのパン抜いてまで食べなくても・・・

 

まあ、どうしてもマックのパンや肉が食いたいのでしょうが、

 

そんなグリルオーダーは勿体無い!

 

と、思うのは管理人だけじゃないはずです。

 

さらにグリルオーダーはバーガー類以外でも対応してくれるのです。

こっちはバーガー類の抜きに比べると、ちょっとお得なんです。

 

  • ケチャップ追加
  • マスタード追加
  • 塩追加
  • 塩抜き
  • ジュース氷抜き
  • 氷だけ

 

ナゲットに付いているソースをポテトにも付けてもらうことが可能です。

またナゲット注文時にソースを両方もらうことだって可能です。

 

お願いすれば揚げ立てのポテトを注文することも出来ますし、

塩だって好みに応じて、無しや増量に対応してくれるのです。

 

このようにグリルオーダーを利用すれば、自分好みのマクドナルドが楽しめます。

 

ただしグリルオーダーは店舗によっては断られる場合もあります。

そんな時は無理を言わずに、あきらめるようにしましょう。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す