春分はお墓参りに行く日|2014年の『春分の日』は3月21日です

墓参り

毎年、3月20日から3月21日頃が春分の日ですが、

2014年の今年は3月21日が春分(しゅんぶん)です。

墓参りに行くのに良い日とされてます。

しかし、どんな理由で「春分の日」に

行くようになったのでしょうね?

 

春分(しゅんぶん)とは二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、

前の節気である啓蟄(けいちつ)から、この日を節目にして

春分の期間となり、次の清明(せいめい)まで続きます。

 

二十四節気について詳しくは下記のページをご覧下さい。

 「二十四節気・七十二候って何?|歳時記を子どもにも分かりやすく」

 

スポンサードリンク

 

それでは、どうして「春分の日」に墓参りに行くのでしょう?

 

それは春分の日を挟んだ7日間が「彼岸」だからです。

 

彼岸には墓参りをして故人やご先祖様の追悼をしています。

彼岸について詳しくは下記のページをご覧下さい。

 「彼岸には何をするの?春と秋の違いや、今年の彼岸の入りなどを紹介」

 

なので「お彼岸」にあたる春分の日にはお墓参りや、仏壇の手入れをするのです。

こんなセットがあればお墓の手入れも楽になりますね。

 

 

春分の日は彼岸の「中日(ちゅうにち)」にあたるのですが、

この日は仏壇に「ばたもち」をお供えします。

 

まあ和菓子屋では「おはぎ」の名称で売ってるのが一般的ですが、

春分にお供えするのは「ぼたもち」と呼ぶのですね。

 

これは漢字で書くと「牡丹餅(ぼたもち)」と書くのですが、

春に咲く花を牡丹をイメージしていることからこう呼びます。

 

ちなみに「おはぎ」は漢字だと「御萩(おはぎ)」になります。

これは秋に咲く萩の花からきているようですね。

 

なので春分には「ぼたもち」、秋分には「おはぎ」と呼ぶのです。

 

あと「ぼたもち」といえば思い浮かぶのが、あれですよね。

 

「棚からぼたもち」

 

「たなぼた」で親しまれている管理人の大好きなことわざです。

 

棚からぼたもちが落ちてきて、ちょうど開いていた口に入ることから、

なんの努力もしていないのに予期せぬ幸運が

まい込んでくる事をあらわしているのです。

 

そんな「たなぼた」な体験をしてみたいですね^^

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたなら、

ブログランキングの応援ボタンをポチリと押してくれたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

いつもブログランキング応援クリックありがとうございますm(_ _)m

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す