チョコレートの効果・効能|意外と知らないチョコの健康パワー
 
バレンタインデーが近づくと

スーパーなどの特設コーナーで

さまざまなチョコレートが

並んでてにぎやかですよね。


 
昔から疲れたらチョコを食べると良いと言われています。

 
これは糖分が体に吸収されてエネルギーになるのが早いので、

チョコレートを食べると疲れがとれるそうなのです。

 
しかしチョコレートにはもっと凄い秘密があるのです。

 
今日はチョコレートに隠された健康パワーについて

いろいろと調べてみようと思っています。

 

  • チョコレートの材料
  • チョコレートの効果・効能
  • チョコレートとココアの違い

 
それではチョコレートの材料について見てみましょう。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコレートの材料

 
チョコレートの材料となるのは「カカオ豆」と呼ばれる、

カカオの樹になる果物の中にある種子です。

 
熱帯植物のカカオは、赤道の南北緯度20度以内の、

年間の平均気温が27度以上で安定する地域でしか栽培できません。

 
ちなみにカカオ豆からチョコレートを作るのは手間なので、

バレンタインなどで手作りされるチョコレートの材料は、

カカオからすでにチョコレートに加工されたものを使うのが一般的です。

 
カカオから手作りできるキットなども売っています。

>>カカオ豆から手作りチョコレート・キット

 
ではチョコレートがもたらす健康パワーの

効果・効能とは、どいったものでしょうか?
 
スポンサーリンク

チョコレートの効果・効能

 
チョコレートの原料「カカオ豆」には、活性酵素を抑える

ポリフェノールがが豊富に含まれているのです。

 
ワインはポリフェノールが豊富なので健康に良いといった話を

聞いたことがあると思いますが、同じ分量であればワインの
倍以上ものポリフェノールがチョコレートには入っているのです。

 
病気の元凶である活性酵素を抑える効果があるのですから、
チョコレートは間違いなく健康に良いと言えますね。
 
また、驚くべき事に下記の改善にも効果的なのです。


  • 心臓病
  • 感染症
  • 冷え性
  • 便秘
  • ストレス障害

 
こんなにも沢山の症状を改善する効果があるんですね。

これからは積極的にチョコレートを食べないといけませんね。

 
びっくりですね!ただ甘くて美味しいだけと思っていたのですが、

これほどの健康パワーを秘めていたとは

ほんとチョコレートって凄いです

 
ただ、食べ過ぎると太ります!あと虫歯も注意です。

何事もほどほどが大事ってことですね。

 

チョコレートとココアの違い

 
昔から気になっていたのですが、

チョコレートとココアの違いは何でしょうか?
 
よく言われているのが、「固形はチョコ」「粉末がココア」や、

「食べるのがチョコ」「飲むのがココア」みたいな表現です。

 
あと、チョコレートもココアも同じで言い方が違うだけとも。

 
本当にそうなのでしょうか?
 
調べてみると、どうやら違いがありました。

 
カカオから脂肪分(ココアバター)を取り除いて粉末にしたのがココア、
ココアバター、ミルク、砂糖を加えて固めたのがチョコレートです。
 
ただ、それほど厳密に区別されてるようでもなく、

チョコレート=ココアみたいな扱いをしてるとこも多いそうです。

 
まあでも、これでココアとホットチョコレートは違うと分かりました(笑

 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 
スポンサーリンク