カメムシの大量発生で注意報?チャバネアオカメムシの被害とは?

カメムシ注意報

 

カメムシが大量発生したことで、

埼玉県が早期防除を呼びかけて、

病害虫発生予察注意報を発令しました。

このチャバネアオカメムシが

もたらす被害とは何なのでしょう?

 

スポンサードリンク

 

 

さっきヤフーニュースを見ていて驚いたのですが、

なんとカメムシの大量発生がニュースになってたのです。

 

カメムシが大量発生したのは埼玉県の県内全域のようです。

 

そこで県がカメムシの活動が活発になる前に早期防除を呼びかけて、

2年ぶりに『病害虫発生予察注意報』を発令したのです。

 

管理人は最初にこのニュースを見た時に思いました。

 

カメムシの大量発生・・・

 

 

臭っ!

 

 

あんなもんが大量に発生したら、とんでもなく臭いですよ。

 

だから注意報を出したのかと思ったら違うようですね。

まあ、臭いぐらいでいちいち注意報は出さないか(笑

 

 

 では、いったいどんな被害をもたらすのでしょう?

 

 

まずは今回、大量発生したカメムシについて調べてみます。

 

大量発生したカメムシは?

 

カメムシ
画像引用:http://ujiharao.exblog.jp/i22/

 

今回、埼玉県で大量発生したのはチャバネアオカメムシです。

 

カメムシの中でも代表的なアオカメムシの一群に属します。

特徴としては名前のとおりで羽根が茶色くなってます。

 

では、このチャバネアオカメムシがもたらす被害を見てみます。

 

カメムシによる被害とは?

 

 

今回の大量発生ではナシへの被害が懸念されています。

 

本来はスギやヒノキの球果内部の種子を餌としてるようなのですが、

今年はこれが少ないようなので、ナシへの飛来が予想されています。

 

それにしても管理人は知らなかったのですが、

カメムシって作物の害虫だったんですね。

 

チャバネアオカメムシは果実に被害をもたらす害虫のようで、

他には稲作に被害をもたらすカメムシがいるようです。

 

カメムシは過去にも何度か大量発生して作物に被害を及ぼしています。

 

1992年には和歌山県の梅に13億円もの被害がありました。

農業をされてる方にとっては最悪な虫だったんですね。

 

カメムシのニオイ

 

カメムシのニオイって知っていますか?

 

もうね、とんでもない臭さなんですよ。

 

管理人の住んでるとこでは、カメムシとの接点はないですが、

滋賀県に旅行に行った時に宿泊した施設にカメムシがいたんです。

 

施設の人からは窓を開けると虫が入ってきますよと、

言われていたのですが、気にせず窓を全開にします。

 

網戸にすればよかったのですが、風の抜けが悪いですし、

それに管理人は虫が苦手じゃないですからね。

 

どうせ入ってくるのは小さな羽根虫だろうとの予想を裏切り、

部屋の中に大量のカメムシが入り込んできたのです。

 

その数は20匹を超えていたと思います。

 

もう、その瞬間から部屋の中が臭いんです!

追い出そうと思ってカメムシをはたくと、さらに臭い!

 

あのニオイに慣れるまでは、かなり気分が悪かったです。

 

 

そんなカメムシのニオイと意外な場所で再開します。

それは、とあるレストランでの食事中の事でした。

 

友人「オレ、パクチー好きやねん」

管理人「なんやそれ?」

 

友人がコレだと差し出したのはスープに入ってた葉っぱでした。

 

友人「うまいから食ってみ」

管理人「ほな、食うてみるわ」

 

しかし、口に入れた瞬間に悪夢の記憶がよみがえります。

 

 

「これ、カメムシやんけっ!」

 

 

まるでカメムシを食ってるような気がして最悪の気分です。

 

友人「あかんか?」

管理人「・・・おまえ、カメムシ食えるわ」

 

この日から管理人の苦手な食べ物リストに、

パクチーが加わったのは言うまでもありません。

 

カメムシのニオイを知りたいなら、ぜひパクチーを食べてみて下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す