冷房と除湿なら電気代が安いのは?除湿方式によって違うの?

エアコン

 

エアコンなしで過ごすのは

厳しいぐらい暑くなってきました。

しかし電気代が高いので、

あまりガンガン使うのも・・・

それにしても冷房と除湿なら

どっちが電気代安いんでしょうね?

 

スポンサードリンク

 

 

よく「エアコン代の節約に除湿にしている」と耳にします。

冷房よりも除湿で運転しているほうが電気代が安いからですね。

 

 

 本当にそうなんでしょうか?

 

 

だって除湿のほうが電気代が高いって話も聞いた事があります。

もしそうだったら節約どころか、かえって電気代が高くつきますよね。

 

管理人は基本的に除湿じゃなく冷房で使っていますが、

除湿のほうが電気代が安いなら除湿で使います。

 

それは電気代が上がって高くなっているからです!

 

関西電力からの嫌がらせのような電気代の値上げに

対抗するべく冷房と除湿はどちらが省エネか調べてみました。

 

冷房と除湿の違い

 

冷房と除湿の電気代の違いを調べるためにも、

まずは冷房と除湿はどのように違うのかを見てみましょう。

 

基本的に冷房は部屋の温度を下げる運転で、

除湿は部屋の湿度を下げる運転だと思いますよね?

 

 

実は冷房も除湿もエアコンの運転的には同じなんです。

 

 

エアコンは室内の空気を取り込んで熱交換器で熱をうばい、

温度の下がった空気を送り出すことにより部屋を涼しくします。

 

実はこの運転中に除湿作業もしっかりと行なわれているのです。

 

空気中にたくわえられる水分の量は温度によって違うのですが、

温度が高いと水分は多く、温度が低いと水分は少なくなります。

 

 

 では温度が下がってたくわえられなくなった水分はどうなるのか?

 

 

水滴となってあふれ出てきます。

 

 

よくあるのが冷たい飲み物を入れたコップについている水滴ですね。

 

あれも冷たいコップに触れて空気の温度が下がってしまい

空気中にたくわえられなくなった水分が出てきたものです。

 

このような原理を利用してエアコン内では吸い込んだ空気の

熱をうばって温度を下げて空気中の水分を除湿しているのです。

 

ということは・・・

 

 

冷房でも除湿している!

 

 

だったら除湿なんて機能は必要ないのでは?

そう思いますよね。

 

冷房は室温を下げることを優先的に考えた運転モードとなります。

なので急速に室温を下げるときなどは、かなりのパワーを使います。

 

しかし除湿は湿度を下げることを優先的に考えているので、

室温はあまり下がらないように微風での運転となっています。

 

つまり除湿のほうが電気代が安いという事なんですね。

 

 

ちょっと待ったぁ!

 

 

実はこれだけでは、まだ結論は出せないのです。

 

なぜなら除湿には2種類の方式があるからなのです・・・

 

除湿方式の違い

 

除湿運転はエアコンによって2種類の除湿方式があります。

 

それは以下の除湿方式です。

 

  • 弱冷房除湿
  • 再熱除湿

 

基本的どちらの除湿方式でも除湿のしくみは同じです。

 

先ほど説明した原理を用いてエアコン内で除湿を行ないます。

 

 

 では弱冷房除湿と再熱除湿はどう違うのか?

 

 

管理人が使っている日立のエアコンを例に説明しますね。

 

まずエアコンの除湿方式の違いを確認する方法ですが、

日立の場合は「カラッと除湿」「除湿」なのかで分かります。

 

「カラッと除湿」の場合は再熱除湿方式になります。

ただの「除湿」なら弱冷房除湿方式になります。

 

ちなみに管理人のエアコンのボタンを見ると、ただの「除湿」でした。

ということは弱冷房除湿方式タイプのエアコンになりますね。

 

弱冷房除湿方式は書いているとおりで、弱めの冷房運転で除湿を行ないます。

 

ですが、再熱除湿方式の場合は除湿するために温度を下げた空気を

室温と同じ温度まで暖めてから出すので室温が下がらないのです。

 

ただの除湿だったら室温によっては肌寒く感じる事もあるのですが、

この再熱除湿方式なら室温が変わらないのでそんな事はありません。

 

当然ですが冷えた空気を暖める分だけ電気代は余分に掛かってきます。

 

これが「ドライが電気代安い」とか「ドライは電気代が高い」とか人によって

意見が分かれてしまい混乱する原因となっていたのですね。

 

以上の事から電気代の高さはこの順番となります。

 

弱冷房除湿 < 冷房 < 再熱除湿

 

弱冷房除湿から順にエアコンの電気代が高くなります。

つまり除湿方式によっては冷房のほうが電気代が安い場合があるのです。

 

なので節約のためにエアコンを除湿で運転されているなら、

ご自分のエアコンの除湿方式は確認しておいたほうがいいですよ。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す