地獄の門 ~トルクメニスタンで燃え続ける地獄への穴「Derweze」~

地獄の扉

 

世界にはいろんなスポットがあるのですが、

このトルクメニスタンにある「Derweze」は

地獄の門と呼ばれている凄い場所です。

炎につつまれた巨大な穴はまさに地獄の門ですが、

「Derweze」とは、いったいどんなところなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

地獄の門

地獄の扉

 

トルクメニスタンのカラクム砂漠の真ん中にあるDarvaza(ダルヴァザ)は、

首都アシガバードの北約260キロメートルに位置する人口350人の村です。

 

1971年に地質学者がボーリング調査を行った際に、

偶然にも地下に天然ガスに満ちた洞窟を発見しました。

しかし、天然ガスの埋蔵量を調査する過程で、

不幸にも落盤事故が発生してしまったのです。

 

地獄の扉

 

その事故により直径50〜100メートルの大きな穴が開き、

地上に有毒なガスが漏れ出す事態となってしまうのです。

 

 

有毒ガスの放出を食い止める為に火を着けたのですが、

その後、可燃性のガスは尽きることがなく出つづけており、、

以来40年以上にもわたって燃え続けているのです。

 

地獄の扉

 

現地の住民には「地獄の門」と呼ばれています。

英語で「The Door to Hell」と訳されるので、

日本では「地獄の門」以外に「地獄の扉」とも言われます。

 

地獄の扉

 

世界第4位の天然ガス埋蔵国でトルクメニスタンの

Derwezeの地下にも豊富な天然ガスが埋蔵されており、

いつになったらガスが尽きるのか不明だそうです。

また消火する方法などの解決手段も無いそうなのです。

 

地獄の扉

 

「地獄の門」の噂を聞きつけた人が見物に来るようになり、

今では観光名所の一つにもなっているようです。

 

確かに火山の火口にでも行かないと、こんな光景にはお目にかかれないですね。

安全なのかどうかは分からないですが、火山の火口よりは安全でしょう。

それにしてもファンタジー映画のワンシーンのようですよね。

砂漠の真ん中まで見に行くだけの価値は十分にありそうです。

 

スポンサードリンク

 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたなら、

ブログランキングの応援ボタンをポチリと押してくれたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

いつもブログランキング応援クリックありがとうございますm(_ _)m

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す