カタクリ(片栗)の花|花言葉や種類、関西の名所などを紹介
 
地域や気候にもよりますが、

3月~4月に咲く「カタクリ(片栗)」は、

ひっそりと咲く可憐なイメージがあります。

ではカタクリとは、どんな花なのでしょう。


 
カタクリはユリ科に属する多年草です。

下向きに花を咲かせて、反り返った花びらが特徴的です。

 
ちなみに片栗粉との関係が気になりますよね?

 
実は片栗粉は、昔はこのカタクリから作られていたのですが、

今ではカタクリから作ってたら採算が合わないので、

ジャガイモのデンプンから片栗粉が作られています。

 
今回はそんなカタクリについて、

 

  • カタクリの花言葉
  • カタクリの種類
  • 関西のカタクリの名所

 
を紹介していこうと思います。

まずはカタクリの花言葉から紹介です。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カタクリの花言葉

 
カタクリは、早春にいち早く花を咲かせるところから、

「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼ばれています。

 
【花言葉】
初恋・さびしさに耐える・嫉妬
 
ひっそりと咲く姿は、まさに寂しさに耐える感じがします。

そして可憐な花の姿も初恋のイメージにぴったりですね。

 
ではカタクリにはどんな種類があるのでしょうか?
 

カタクリの種類

 
カタクリはユーラシア大陸に4種と、北米大陸に20種

種類がるのですが、日本には1種だけの分布のようです。

 
カタクリの花  
では、そんなカタクリを見れる関西の名所をご紹介します。

 
スポンサーリンク

関西のカタクリの名所

 
マキノかたくり群生地(近江カタクリの里)
住所:滋賀県高島市マキノ町石庭
連絡先:マキノピックランド 0740-27-1811
開花時期:4月上旬~4月中旬

清住カタクリの里
住所:兵庫県丹波市氷上町清住
連絡先:氷上町観光協会 0795-82-8210
開花時期:3月下旬~4月中旬

佐用・三日月&東徳久・カタクリの里
住所:兵庫県佐用郡佐用町三日月&東徳久
連絡先:佐用町商工観光課 0790-82-0670
開花時期:3月下旬~4月中旬

 

最後に

 
以前からカタクリを撮影したいと思っているが、

なかなかタイミングが合わず行けてないです。

 
群生地の近くにはメタセコイヤの並木道や、

時期的に海津大崎の桜なんかも開花してるので、

撮影にはもってこいのスポットなんですけどね。

 
実はバスフィッシングも趣味なので、

琵琶湖に行くとそっちの誘惑に負けるのですよね。

 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 
スポンサーリンク