リュウグウノツカイと地震の関係は?|食べれるの?人魚なの?
 
リュウグウノツカイが秋田県で生け捕りされ、

男鹿水族館GAOに運ばれて話題になってます。

海岸に打ち上げられることはあるのですが、

生け捕りはかなり珍しいみたいです。


そして地震の前兆ではありませんと、わざわざアナウンスされています。

 
それにしても何で地震?って思っちゃいますよね。

 
ちょっと気になるので、リュウグウノツカイについて、

以下の点をいろいろと調べてみました。


  • リュウグウノツカイはどんな魚なの?
  • リュウグウノツカイが人魚?
  • リュウグウノツカイは食べれるの?
  • リュウグウノツカイと地震との関係は?

 
上記についてさっそく紹介していこうと思います。

まずはリュウグウノツカイとは、どんな魚なのか?
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リュウグウノツカイとは

 
リュウグウノツカイ  
リュウグウノツカイは200m以上の深海にする深海魚です。

 
太刀魚のように薄くて細長い体は、銀白色で、

普段は直立した状態でじっとしているそうです。

 
全長は最大11mの記録が残っているほどの

かなり大きな部類の魚となります。

 
ですが大きな体のわりに性格はおとなしくて、

プランクトン食性なので、オキアミなどを食べているそうです。

 
そんなリュウグウノツカイには古くから人魚との言い伝えがあります。

本当にリュウグウノツカイが人魚なのか?
 

人魚伝説の魚

 
人魚の正体というと、真っ先に「ジュゴン」が思い浮かびます。

しかし日本の人魚伝説ではリュウグウノツカイだといわれてます。

 
古くからある日本の人魚伝説にまつわる記録に

残されている特徴に以下があります。


  • 頭や肌が白い
  • 頭に赤くて長い髪がある
  • 体は魚の形で長い
  • 九州北部、日本海沿岸で多く発見されている

 
頭や肌に関しては銀白色なので、白っぽいともいえますが、

やはり頭に赤い髪があるのや、体が長いなどの特徴が近いですね。

 
リュウグウノツカイの頭部に付いてる5~6本の赤い背びれや、

長い体長などは、かなり人魚伝説に一致しています。

 
しかし人魚と言われてもイメージが・・・

どうしても「人魚姫」って思い込みがあるので。

それにリュウグウノツカイは、

どう見ても人には見えないですよね。

 
しかし人魚の肉を食べると不老不死になれるといいます。

ではリュウグウノツカイは食べれるのでしょうか?
 
スポンサーリンク

リュウグウノツカイは食べれる?

 
リュウグウノツカイはゼラチン質の体なので、

あまり食用に向かないといわれています。

 
しかし世の中には食べたツワモノもいるようです。

下記サイトで実食レポートが見れますよ。

https://togech.jp/2014/01/25/5618
 
どうやら食べると意外と美味しいみたいですね。

 
まあ私なら絶対に食べないですが(笑
 
生け捕りならまだしも、打ち上がった魚は、

ちょっと食べるのに勇気がいりますよね。

 
このようにリュウグウノツカイは、

まれに海岸に打ち上がることがあるのですが、

それは地震の前兆だと昔から恐れられています。

 
本当に地震と関係あるのでしょうか?
 

リュウグウノツノガイと地震の関係

 
地震は地殻プレートが動くことによって起こるのですが、

そのプレートの押し合いで電気が発生するそうなのです。

 
深海に住んでいるリュウグウノツノガイが、

その電気にショック反応を起こして浅瀬に逃げて、

海岸に打ち上がる言われています。

 
過去にもリュウグウノツノガイが打ち上げられてから、

地震が起こったなどの例が数多く報告されています。

 
この事から考えてもリュウグウノツノガイは、
地震と関係があるのではないでしょうか。
 
ただ、地震の前兆なのか、すでに起きた地震が原因で、

海岸に打ち上げられたのかまでは分からないようです。

 
これからはリュウグウノツノガイが打ち上げられたなどの

ニュースを見たら地震に備えたほうがいいですね。

 
とりあえずは水と食料の備蓄が大事です。

 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 
スポンサーリンク