運転中にくる突然の睡魔に勝つには?眠気を覚ます方法を紹介

居眠り運転

ようやく春めいてきましたね。

管理人は寒いのが苦手なので、

このまま暖かくなってほしいです。

しかしポカポカしてくると、

強烈な睡魔にも襲われるんですよね。

とくに運転中の睡魔は危険です・・・

 

スポンサードリンク

 

管理人は、かつてドライバーの仕事をしていました。

なので運転中の睡魔との闘いは日常茶飯事のことでした。

 

もちろん睡魔に負けなかったのでピンピンしてますが、

じつは高速道路で2度ほど負けそうになった事があります。

 

1度目はトンネルが連続する区間を走ってる時のことです。

 

それでなくても眠いところに、あのトンネル内のライトで

ポワンポワンとしてきて激しい睡魔に襲われました。

 

一瞬ですが意識が無くなり「ハッ」と思ったときには、

トンネルの壁スレスレを走行している状態でした。

 

2度目は料金所でのことですが、当時はまだETCはありませんでした。

 

もうすでに夢の中で走行しているようなぐらい眠気に負けた状態で、

料金所に近づいたときに、ボンヤリとした視界で前の車の

テールランプが光ってるのを見て「ハッ」として急ブレーキです。

 

ものすごいスキール音をたてて何とかギリギリで止まることが出来ました。

 

どちらもそうですが「一発で目が覚めました!」

 

事故にならなかったので笑い話が出来ますが、その時は本当に怖かったです。

 

そこで、まずは睡魔の原因について考えてみたいと思います。

そして管理人の経験から運転中の睡魔に勝つ方法を紹介します。

 

 では、睡魔の原因にはどんなのがあるのか?

 

睡魔の原因

 

睡魔の原因には以下のものが考えられます。

 

  • 病気
  • 自律神経の乱れ
  • 睡眠不足
  • 疲れ
  • 食事

 

病気の場合は「ナルコプレシー」「睡眠時無呼吸症候群」「低血糖症」

などが考えられますが自己解決は難しいので病院に行って下さい。

 

自律神経の乱れは不規則な生活が原因で起こります。

 

毎日の寝る時間がバラバラだと体内時計が来るってしまい、

自律神経が乱れてしまい、体内時計を元に戻す力が働きます。

 

そうしたことにエネルギーを消費してしまうと、活動のための

エネルギーが足りなくなって睡魔に襲われてしまうのです。

 

また、単純に睡眠時間が短いと睡眠不足で眠気に襲われます。

 

疲れに関しては、肉体的な疲労、精神的な疲労のどちらでも、

体を休めるようにと脳から眠れと信号が送られてくるのです。

つまり強制的に眠らせて体を休めようとしているのですね。

 

食事のあとに眠くなるのはよく聞く話です。

これは食べた物を消化するために、消化器官へ血液が集中するのが原因で、

脳に循環する血液の量が減ってしまうことで眠気が起こります。

 

結論としては、規則正しい生活で、十分な睡眠をとり、

精神的にも肉体的にも疲れてない状態で、腹八分目で運転する。

 

こうすれば睡魔に襲われることなく運転できますが・・・

 

それが出来れば苦労しない。

 

そうなんです。そんなことは分かっているんです。

 

だけど管理人は、とてもじゃないですがそんな生活できません。

なので毎日のように睡魔と闘っていたのです。

 

 では、眠気を覚ます方法とは?

 

眠気を覚ます方法

 

眠気を覚ます方法には、さまざまなものがありますが、

運亭中という縛りがあるので出来ることが限られています。

 

その中で実際に管理人が試した方法の感想を紹介します。

 

コーヒー

 

ほとんど効果はないです。むしろリラックスしてよけい眠くなる気がします。

 

タブレット、飴

 

これも効果はないです。最初はいいのですが、刺激になれてくると眠いです。

 

ガム

 

ちょっと効果あります。噛む動作をする分だけタブレットや飴より効果ありです。

しかし完全に目が覚めるってほどでもありませんでした。

 

ラジオ

 

よっぽど興味がある話題でもなければ逆効果です。睡魔が加速します。

 

音楽

 

これは効果ありました。しかし完全に眠気がなくなるほどじゃないです。

 

 

ここまでの眠気覚ましでも十分な効果を感じる方もいるでしょう。

しかし管理人には、これらの眠気覚ましはイマイチの効果でした。

 

それでは効果のあった眠気覚まし方法を紹介いたします。

 

大きな声で歌う

人と会話する

 

これらの方法は、かなり効果がありました。

 

とくに人と会話すると完全に目が覚めてきます。

これは電話で話していても効果があるので、人との会話はおすすめです。

 

ただし、運転中の通話にはハンズフリーを使用して下さいね。

 

あと大きな声で歌うのも目が覚めました。

人の居る場所では使えないですが、車の中なら迷惑にはなりません。

 

管理人は睡魔に襲われたときに、このどちらかでしのいでいました。

 

じゃあなんで居眠り運転をしそうになったのかと言うと、

苦手な上司をのせていたので会話もなく、歌えない状態だったからです。

 

黙って興味のないラジオを聴きながら運転するのは地獄でした。

しかも上司は助手席で居眠りしてますからね。ほんと最悪です。

 

こんな状態だと、あとは精神力だけが頼りなので仕方なかったのです。

管理人の精神力はそんなに強くはありません。運よく目が覚めてラッキーでした。

 

みなさんも車の運転中に突然の睡魔に襲われてどうしよもなく眠くなったら、

誰かに電話してみたり、大声で歌うのを試してみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す