花冷えの季節とはいつ頃?どんなときに使う言葉なの?
 
暖かい日が続いていたのですが、

昨日は急に寒さが戻りました。

こんな日を「花冷え」と

言うのでしょうか?

その使い方なんかも調べてみました。


 
テレビや雑誌などで「花冷え」って言葉を見たり、聞いたりします。

 
今頃の時期によく聞いたりする言葉なので、

サクラの花と何か関係がありそうな感じもします。

 
そんなわけで今回は「花冷え」について、


  • どんな意味なのか?
  • 季節はいつ頃なのか?
  • どんなときに使うのか?

などを調べてみました。

 
それでは、さっそく花冷えとは何なのか?
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

花冷えとは?

 
花冷えには以下のような意味があります。

「桜が咲く頃、陽気が定まらず一時的に寒くなる事」
 
桜が咲く頃なので時期的には3月下旬~4月中旬ぐらいですね。

 
花見の季節に冷え込んだりするのを「花冷え」と言うようです。

 
確かにこの時期は、暖かい日が続いたと思ったら、

急に寒くなったりするので、まだ暖房器具をしまえないですよね。

 
お花見にいって想像以上に寒くて凍えた経験なんかもあります。

 
その他のお花見の記事はこちら>>
 
ただ、そんな「花冷え」も悪いことばかりじゃないです。

 
気温の低下により花の寿命が長続きしたりするので、

すこしでも長く花見を楽しめたりするんですよね。

 
ただ、満開の桜にトドメをさして一気に散らすなんてことも・・・

 
いずれにしても「花冷え」で風邪をひかないよう気をつけて下さい。

 
では、どんなときに使われるのか?
 
スポンサーリンク

花冷えの使い方

 
おもに手紙、俳句で春の季語として使われています。
 
使い方の例としては、

 
「花冷えに風邪など召されませぬようご自愛下さい。」
 
などのように、結びの挨拶文に使用することが多いようです。

 
まあ、管理人は手紙などを書かないので、

あまり季語を意識して挨拶を考えることはありません。

 
でも、メールなんかで使うのもいいかもしれませんね。

 
いつも味気ない業務的な挨拶しか添えてないので、

たまには季節感のある挨拶文なんかもオシャレかもです。

 
あちこちで桜が満開になっていますが、

花見の時には「花冷え」に気をつけて下さいね。

 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 
スポンサーリンク