立夏は夏の始まり?|2014年の『立夏』は5月5日です

こいのぼり

二十四節気の7番目にあたる

「立夏(りっか)」ですが今年は、

5月5日の端午の節句と同じ日です。

ここから夏が始まると言われても

なんかピンとこないですよね。

 

スポンサードリンク

 

二十四節気の節で、夏季の最初にあたるのが「立夏(りっか)」です。

つまり暦の上では、ここから夏が始まるという事になります。

 

しかし、5月だと季節的にはまだまだ春ですよね?

 

どうして現実と暦では季節感に、こんなにも開きがあるんでしょうか。

それはこの二十四節気に秘密があるのです。

 

二十四節気について詳しくはこちらをご覧下さい。

 「二十四節気・七十二候って何?|歳時記を子どもにも分かりやすく」

 

 

 まだ5月なのに、どうして夏の始まりなのか?

 

2014年の「立夏」は5月5日なので、端午の節句と同じ日からです。

しかし鯉のぼりを上げる「こどもの日」は夏とは程遠い気候です。

 

ちなにみ管理人の住んでいる大阪の5月の平均気温ですが、

だいたい19度台が多く、20度を下回っているような状態です。

 

それなのに5月5日から、夏が始まりとされてもねぇ?

 

実はこれには二十四節気の季節感に問題?があるのです。

 

二十四節気は、昔の中国で太陰暦による季節のズレを正すために、

考案されたものなので、そもそも日本の気候にあってないのです。

 

さらに昔につくられたので、旧暦のほうに近いような感じなのです。

旧暦はざっくり言うと1ヶ月ぐらい先走っているんですよ。

 

旧暦で考えると「立夏」は6月の始め頃になるので、しっくりきますよね。

 

 では、分かりやすい例をもう一つ上げてみます。

 

梅雨の季節と言えば、だいたい6月を指しますよね?

梅雨の季節のアジサイとかカタツムリとか6月のイメージだと思います。

 

でも、これを旧暦にあてはめてみると6月は、だいたい5月頃になります。

 

よく聞く「五月雨」は旧暦5月に降る長雨で「梅雨」を指しているんです。

また「五月晴れ」は梅雨の間の晴れ間を指します。

 

これらの言葉も旧暦の季節感に合わせたものなんですね。

なので二十四節気の節は、1ヶ月ぐらいズラして考えるとしっくりきます。

 

全然関係ないのですが、管理人は「立夏」と聞くと

アニメの「中二病でも恋がしたい!」のヒロインが頭に浮かびます。

 

まあ、あっちは「六花」と書いてりっかと読むので漢字が違うんですが、

りっかなんて言葉は、それぐらいでしか聞くこともないもんで。

 

六花はものすごい中二病を患ったヒロインなのですが、

今時は現実にもあんな子が学校にいるんですかね?

 

管理人の学生時代は、残念ながらこれほどの逸材は居なかったです。

 

ただブルース・リーになりきってた先輩は居たんですが、

あれが今でいうところの中二病みたいなもんなんですかね(笑

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す