彼岸には何をするの?春と秋の違いや、今年の彼岸入りなどを紹介

おはぎ

 

「彼岸(ひがん)」って言葉は知っていても、

何をするのか詳しく知らない人は多いです。

そんなお彼岸について詳しく調べました。

あなたも、これを読んで参考にして下さい。

 

これを読んでるあなたは、彼岸が1年に2回あることは知ってますか?

 

恥ずかしながら私は知らなかったんです・・・

てっきり彼岸は、彼岸花が咲く秋だけって思っていたのです。

 

スポンサードリンク

 

なので今回はそんな「彼岸」について以下を紹介します。

  • 彼岸とは?
  • 彼岸には何をするの?
  • 彼岸はいつ?
  • 春と秋の違いは?

 

それでは、まずは彼岸の意味から説明します。

 

彼岸の言葉には以下のような意味があります。

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」を漢訳した「到彼岸」の略語。現実世界を意味する此方の岸「此岸」より修行により迷いを脱して、彼方の岸「彼岸」に至る。

 

ちょっと難しいですね。

 

では具体的に彼岸には何をするのか?

 

それはお墓参りです。

 

彼岸には、お墓参りをして故人やご先祖様の追悼を行ないます。

 

  • お仏壇、仏具の掃除
  • お墓の掃除
  • 供花やお供え

 

などがを行なうのが一般的ですね。

 

では、その彼岸の時期はいつなのでしょうか?

 

太陽が真東から昇り、真西に沈んで昼夜の長さが同じになるのが、

二十四節気(にじゅうしせっき)の「春分」「秋分」にあたります。

 

この春分・秋分を挟んだ前後の3日間の計7日間が『彼岸』になります。

 

春の彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日の合計7日間

秋の彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日の合計7日間

 

関連記事

 「二十四節気・七十二候って何?|歳時記を子どもにも分かりやすく」

 

それぞれの彼岸の初日を「彼岸の入り」といい、最後の日を「彼岸のあけ」といいます。

そして間の春分・秋分の日を「お中日(おちゅうにち)」をいうのです。

 

このように彼岸は春と秋の1年に二回あるのです。

 

そういえば「暑さ寒さも彼岸まで」って言葉を聞いたことがあります。

たしかに涼しくなる秋と、暖かくなる春に彼岸があるって言ってますね。

 

なんで今まで彼岸が春にもあるって気づかなかったんだろ(笑

 

では、春の彼岸と秋の彼岸に違いはあるのでしょうか?

 

基本的に意味やすることは同じです。

 

春でも秋でも同じように墓参りをします。

また春は「春彼岸」、秋は「秋彼岸」ともいいます。

 

そして違いと言えば『おはぎ』『ぼたもち』です。

 

お彼岸のお供えといえば、おはぎ・ぼたもちなのですが、

このふたつにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

これは呼び方が違うだけで同じ物と思っていいと思います。

 

これらは感じで書くと「牡丹餅(ぼたもち)」「御萩(おはぎ)」となります。

 

牡丹は春に咲く花で、萩は秋に咲く花ということは・・・

そうです春は『ぼたもち』、秋は「おはぎ」と使い分けているのです。

 

ですが「おはぎ」の名称で販売されてるのが普通ですよね。

 

また、つぶあんが「おはぎ」で、こしあんが「ぼたもち」との説もあります。

たしかに管理人的には、おはぎは粒あんってイメージがありますね。

 

 

なんだか無性に「おはぎ」が食べたくなってきました。

おはぎの丹波屋でも行って買ってこよっと。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたなら、

ブログランキングの応援ボタンをポチリと押してくれたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

いつもブログランキング応援クリックありがとうございますm(_ _)m

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す