シールをはがす方法は?のこったベタベタをきれいにするには?

子供

 

子供のいる家庭なんかだと、

あっちこっちにペタペタと

シールを貼られてませんか?

そんなシールをはがして、

ベタベタをきれいにするには・・・

 

スポンサードリンク

 

管理人も子供の頃は、いくら親に怒られてもシールを貼ってました。

今でも実家のドアやタンス、壁などにシールが残ってますからね。

 

まあ、管理人の実家はきれいでもなければ家具も安物なので、

親も怒りはしましたが、シールははがさずにほったらかしでした。

 

しかし、これが新築の家や、高級な家具だとそうはいかないですよね。

 

なので今回はシールをはがす方法や、のこったベタベタを

簡単にきれいにする方法について紹介してゆきます。

 

シールをはがす方法については、いろいろな方法があるのですが、

ここで紹介する方法は、管理人の経験にもとづいた方法になります。

 

実はアルバイトで中古PCを清掃する仕事をしてた経験があるのです。

そこでは、さまざまなタイプのシールをはがしてきれいにしてきました。

 

なのでプロレベルの方法なんです!

・・・というほどの事でもないので簡単で誰でもできますよ。

 

シールをはがす方法

 

 見つけたらスグにはがす!

 

時間がたてばたつほどシールははがしにくくなります。

なので、はられたシールを発見したらスグにはがして下さい。

 

 ゆっくりと慎重にはがす!

 

シールをはがすときに一番面倒なのが、のこったベタベタなんです。

だからベタベタがのこらないように、ゆっくりと慎重にはがして下さい。

 

ここでイライラして、あせってしまうとシールが破れたり、

表面だけがはがれてベタベタがのこると、時間も手間もかかります。

 

とはいっても、きれいにはがれるシールのほうが少ないと思います。

なので、出来るだけベタベタとした糊をのこさないようにはがしましょう。

 

 ドライヤーで温める!

 

ドライヤーを使ってシールを温めながらはがすとはがしやすくなります。

 

ただ、糊がのこりやすかったり、熱で変形するなど注意も必要です。

このあたりは実際に作業しながら様子をみて試して下さい。

 

ベタベタをきれいにするには

 

では、のこった糊のベタベタをきれにする方法なのですが、

簡単に出来てコストも安い方法を紹介します。

 

 ライター用オイルを使う!

 

いわゆるジッポーなどのオイルライターで使うオイルですね。

ジッポーオイルじゃなくても100円ショップのライター用オイルで大丈夫です。

 

ただし強力な方法なので、塗装を落としてしまう可能性があります。

なので使用する前に目立たない箇所で試して大丈夫か確認して下さいね。

 

それではオイルを使った方法を説明します。

 

まず、ベタベタと糊がのこった部分にオイルをかけて下さい。

そのまま10秒ぐらいオイルに浸した状態でおいておきます。

そしてティッシュペーパーにオイルをつけて、それで拭き取ります。

拭き取った面には糊がついてるので、ここではもう拭かないようにします。

別の面で拭くか、ティッシュペーパーを交換しながら拭き取ります。

このときにティッシュには必ずオイルをつけるようにして下さい。

ベタベタが無くなったら、濡れ雑巾などでオイルを拭きとって完成です。

 

だいたいのシールなら、この方法できれいにすることが出来ます。

肌が弱い人はゴム手袋などをつけて作業して下さいね。

 

最後に

 

今回、紹介した方法は100円のオイルライターだけで出来るので、

市販されているシールはがし剤よりも値段が安くておすすめです。

 

ただし、塗装が落ちたり、くもったりする可能性が十分にあります。

それ以前に、シールをはがそうとすると塗装まではがれることもあります。

 

なのでシールをはがすのが困難なところには絶対にはらせないのが一番です。

 

そうはいっても、やめろと言われると、よけにやるのが子供なので、

あらかじめシールをはってもいい場所を作っておくといいと思います。

 

ガラスや鏡などは、はがしやすいので食器棚やテレビラックのガラス戸や、

洗面所の鏡ならシールをはってもいいなどルールを作っておいて、

子供のシールをはりたい欲求や願望を満たしてあげるようにするのです。

 

そうすればシールをはられても後で簡単にはがせますからね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す