2014の梅雨入り、梅雨明けは?予想ではエルニーニョの影響が?!

梅雨

 

梅雨の時期になると

ジメジメとして嫌ですよね。

2014年の梅雨入りの時期や、

梅雨明けはいつからなのでしょう?

今年はエルニーニョ現象の

影響があるみたいですね・・・

 

スポンサードリンク

 

 

毎年、梅雨の時期が近づくと憂鬱なんですよね。

ジメジメとするし、洗濯物がたまるので嫌いなんです。

 

でも梅雨になるとアジサイが咲く時期なので、

雨雫のついたアジサイを見るのは好きなんですよね。

やっぱりアジサイは雨と絡んでると絵になります。

 

ところで北海道に梅雨が無いってご存知ですか?

 

これは梅雨の前線が本州をゆっくりと通過するのですが、

北海道はすぐに通過してしまうのが理由なんです。

 

だから北海道にはまとまった雨の降る時期が無いのです。
なんともうらやましい話なんですが、雨が降らないとそれはそれで

水不足なんかで困るので、やっぱり梅雨は必要ですからね。

 

サッ梅雨になって、パッ雨を降らして、スッと明けてほしいです。

 

では今年の梅雨入り、梅雨明けを予想してみます。

 

2014年の梅雨時期は?

 

まずは1980年から2010年までの梅雨の平均値をご覧下さい。

 

梅雨平均

 

これで見ると本州はだいたい6月初めから中頃ぐらいまでに、

梅雨入りして7月の中頃から終わりまでに明けています。

 

梅雨の期間は約1ヶ月半ぐらい続いているようですね。

 

予想としては平均値の前後1週間ぐらいと言われています。

つまり管理人の住んでいる近畿地方だと、

 

6月1日頃~6月14日頃の梅雨入り

 

の予想となります。明けも同じように予想します。

 

 ですが!今年はちょっと違うようなのです。

 

2014年は5年ぶりにエルニーニョ現象が発生すると言われています。

 

このエルニーニョ現象が発生すると世界各地の気候に

大きな影響をもたらしますが、日本の梅雨も例外ではありません。

 

エルニーニョについて詳しくは以下の記事をご覧下さい。

 「エルニーニョ現象とは?2014年は5年ぶりに発生か?!」

 

梅雨が明けるには、発達した太平洋高気圧が日本列島に

張り出してこないとダメなのですが、エルニーニョの影響で、

温水域が西から東に移動してしまい、太平洋高気圧が東にずれます。

 

こうなると日本列島への太平洋高気圧の勢力が弱まるので、

梅雨が長引いてしまい、冷夏になりやすくなるのです。

 

以上のことを踏まえて予想すると、

 

今年の梅雨明けは遅い!

 

といった予想で間違いないはずです。

 

前回、エルニーニョが発生した2009年は梅雨入りは早かったですが、

梅雨明けは7月の終わりや、8月に入ってからとかなり遅くて、

なかには梅雨明けが観測できない地域などもあったのです。

 

なので今年は長い梅雨に覚悟して下さい。

 

そして梅雨時期には除湿対策をしっかりすることが大切ですよ。

 「梅雨の除湿に効果的なのは?湿度を計ってしっかり対策」

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓この記事がお役に立ったら応援クリックを頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

1件のコメント

  • 冷房嫌い

    しかも2009年の梅雨入りは平年並でしたが、梅雨明けは8月あたりの地域が多かったですね。梅雨時期の降水量が100%を超えるといいですね。7月下旬から8月のお盆あたりは晴れではなく曇や雨のぐずついた天気が続くといいですね。1993年8月のように2014年7月下旬豪雨または2014年8月豪雨があってもいいですね。

コメントを残す